8歳。 



冬の我が家はイベント盛りだくさん。
こないだ次女の誕生日を祝ったばかりで、
2月は長女。

今年のケーキは
プリンアラモード!との希望で。

プリンに、アイスに、フルーツに、
あとは生クリーム、チョコクリームと用意して。

各自自由にわちゃわちゃーっと食べました。

けっこう良かった。
好きな量を好きなだけって楽しい。

あと、フルーツサンドも作ったけど、
特に誰も喜ばなかった。

料理のリクエストは毎回同じ感じで、
ここぞとばかりに、
ステーキ!と言うのだけど。

今年は、柔らかいお肉で!!と
さらなる注文が入り、
お肉売り場でウンウン悩んで用意したけど、
長女の中では納得のいく柔らかさじゃなかったらしい。

完全にいいとこのグルメみたいになっとる。
もう一息、良いランクのお肉に手が伸びなかった自分が
悔やまれる。
来年またリクエストされたら、次こそは!


なにはともあれ、我が家の大イベントはひと通り終わってほっとひと安心。

2月18日(土)は西宮市の上ヶ原病院でロビーコンサートです。
無料ですので、ぜひ一般の方もお越しくださいね。






3歳。 

20170123085025849.jpg

新年あけてずいぶん経ちましたが、
その間に我が家ではインフル旋風が吹き荒れて、

それはもう吹きに吹いて、荒れに荒れて、
生後5ヶ月目の坊まで全員、ばっちり寝込みました。

インフルエンザってあまりなった記憶もなく、
予防接種もしたことなく、
ならない家系かと思ったけど、なるときはなるんでした。つらかった。


そして、その寝込んでヒーヒー家族中が言っている間に
次女の3歳の誕生日がスルっと通り過ぎてしまいました。

いかん、お祝いしたい、ということで
昨日10日遅れくらいでようやくお祝いしました。

ケーキも久しぶりに焼いて、ごちそう作って、
ハッピバースデーを歌いながら、

ああ賑やかやなあ、元気やなあ、、、
とインフルのおかげで、家族の笑顔が沁みわたる一日になりました。


次女、3歳。

このあいだ、
「ママも好き、とうちゃんも好き、ねえねも共生もみんな好き」と言い、
そうかそうか、と聞いていたら

「自分も好きだよ!」と言うので
それが私はとてつもなく、嬉しかった。


自分を好きでいることはとっても大切。
その力があれば、
自分を信じられるからね。
自分を信じられたら、周りを愛せるからね。

大きくなるといろいろあるけど、このまま
「みんな好き、自分も好きだよ」って
言えるあなたのまま育ってください。

お誕生日、おめでとう。




新年。 



あけましておめでとうございます。
新年もサクサク過ぎていっております。
毎日を大切にしたい、けど、
本当に一日があっという間です。

よいお正月でしたか?
私は篠山でのんびり過ごしました。

うちの実家のお雑煮は



関東風でしょうか。
ゆずの香り。鶏肉やら穴子やら入ってます。

おせちもカニも食べました。
ここ二年ほど正月休みになると
一年の疲れ大放出で、体調を壊していたオットーさんも
今年は元気にカニ食べられて良かった良かった。

元気が一番。


お正月恒例の百人一首は、
もう読み手に徹しておりますが、
長女が打倒じいじを目指して頑張っておりました。
まだ打倒する日は遠いかな?
でもほとんどの札を覚えているようです。
すごい、スポンジのような記憶力。


今年も一年、よろしくお願いします。



ミラ近影。
あまりに外から獲物をとってくるので、
最近は鈴を三つチャリチャリ鳴らしてます。

首を振れば、神社の鈴のように、
ありがたい音がします。

良いお年を。 


今年も一年ありがとうございました。

クリスマスのことも書きたかったのに、
なんだかもう大晦日です。

昨日まで岡山に帰省していました。

今、共生の顔が湿疹でまあ、もう、真っ赤なんですが、
その痒みもあってか、岡山のどこへ行っても泣いて泣いて

ヘロヘロになって帰ってまいりました。

日ごろ、家でごきげんさんなので、遠出しても大丈夫だろうと
あまり気負わずに出かけたんですが、
想像以上に大変でした、、なめてたな、、、と。

で、昨日家に帰ってきたら、また穏やかな彼に戻って
湿疹もおさまりつつあり、

大掃除はもう、完全にあきらめて、
ゆったり静かな大晦日を迎えています。


今年も一年ありがとうございました。
今年は妊娠、出産の年で、思うように歌えなかったので
来年はもっともっとたくさん歌いたいなあと思います。

どうぞ来年もISSINをよろしくお願いいたします。

みなさんどうぞ良い年をお迎えくださいね。
ごきげんよう。

健康よろずプラザ クリスマス望年会ライブ。 

image2[1]


18日は毎年恒例、京都にて野宿者・生活困窮者の支援、 
よろずプラザのクリスマス望年会で歌ってきました。

(なぜか写真がこんなサイズに、、兄切れてるね、すみません。
クリックして大きくして見てやってください)

数えたら、今年でもう5回目の出演でした。
なので、昨年もお会いした方、もう3回目という方もいて、
だんだん顔見知りになってきました。

共生だけ連れてきていたのでたくさん抱っこしてもらいました。
おいしく温かいお料理を私もいただきましたー。

あの温かいお汁、日ごろ一人で暮らしていたり、野宿の方などに
沁みわたったんではないでしょうか。

私たちも楽しんでもらおうと今年は、
兄が「きよしのズンドコ節」を、私が「川の流れのように」も歌いました。
一緒に声を合わせて歌うだけで、繋がっているんだと感じます。

一人ではないのだ、と思っていただけたら嬉しいです。

毎年すべてボランティアで企画、運営していらっしゃるスタッフの皆さま、
おつかれさまでした。ありがとうございました。

そして、そのスタッフのおひとりが
私の大学時代のバイト仲間だと判明し、帰り際にキャーキャーと話に花が咲きました。

お互いママさんになっていて、
私は全然気づいてもらえなかったけど、声かけたら思い出してもらえました。
よかった。


また来年も、お元気な姿で皆さんにお会い出来たら嬉しいです。
ありがとうございました。