FC2ブログ

性悪猫。 


やさしい自分であろう 
やさしさを失くすまい

と貴方が思うとき

貴方は淋しいのだ

やさしく在ろうと努めたことが
誰の  何の  為になったろう

と思うとき 貴方は 傷だらけだ


やさしさなんかにこだわるうち
貴方はちっとも
やさしくなんかないんだ

たいていのやさしさは
あとで 寒いもの

わたしなれば にげてしまうよ

たとい ひとときなれど
日向はぬくいもの

ぬくいところが いいよ

お日様をにらみつけるなど
誰しもできまいもの




やまだ紫の「性悪猫」を読んだ、続編のやつ。
昔借りて読んだ記憶がある。

上の文章はその本の中から。

ぐっとくるのは、たぶん、それが図星だからだと思う。
自分にとって。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aaaiko.blog74.fc2.com/tb.php/87-22ad4b59