虹の日曜日のこと。 


日曜は京都で 福島から京都へ避難している方たちのイベントで
歌わせてもらった。

餅つきとか模擬店とかもあって
福島から来てるんだろう子どもたちもたくさん。

人懐こい子が多くて
石や葉っぱをくれる。可愛いことこの上なし。


震災があって以降は、
毎日被災された方たちのことが心にあったので
その方たちの前で歌うことが出来てありがたかった。

ちょっとでも、力になれたらなあ。

イベント終了間近の空に虹がかかっていた。虹を、ひさびさに見た。


家に帰ったら、
うるさい我が家の子供たちや猫や家族やらにホッとして、

こういう「ホッ」が福島から避難されている方も、
もう京都で見つけてくれていればいいなあと心から思った。



関係ないけど、その夜に石油ストーブを買いに行ったら
値札の5000円引きで売ってくれた。
マジですか??値札の値段で買う人だっているだろうに!

値札って、値札ってなんなんだあああ―――!!?って思った瞬間。


スポンサーサイト

コメント

児童絵で虹って「希望の虹」と解釈。
描いた子の気持ちの中に「希望」があるとき、無意識に絵として表現。
その色使いなんかで、またいろいろあるけど。
心の喜びが「虹」
虹をみつけると「あー、虹だー!」ってうれしくなるのは、子どもも大人も同じだよね。

希望に繋げていこうね。

鉄ママ、コメントありがとう。

ほんと、ひさびさに見た虹キレイで嬉しくなりました。誰にでも「今、虹出てます!」って教えたくなるよ。

希望につないでいきたいです。

粉ミルクからセシウムが検出されたりして、この国はもう誰も守らない気なんだなと心底うんざりするけど、うんざりだけじゃない希望の部分にも、目を向けていたい。

子どもたちの可愛さが忘れられません。守りたい。

イベントで虹が出るのは希望の光以外なにものでもないですね。
神様が祝福してくださってる。

希望につなげていきたいですね。

ひろこさん☆

虹を見て希望を感じて、人とのつながりで勇気もらって、こういうちょっとずつの喜びが重なって行けばなあと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aaaiko.blog74.fc2.com/tb.php/831-c2939749