スタートライン。 

馬場さんの「スタートライン」を聴いた。
鴨川で歌ってるバージョンのYouTubeのやつ。
ぐっときて、泣きそうになった。

ああ、私はこういう歌うたいになりたかったんだ。
近頃は全然思うように歌えない、それが悔しくて不安にもなってたけど、
さぁまたスタートラインに私も立とう。

何度でもやり直せることを喜ぼうと思う。


それから、今日は古くからの友人から葉書が届いた。

読みながら少しこれも泣きそうになった。

自分がいま手にしている日常や幸福は
必死で求めて手に入れたものではなく
流れの中で、いつのまにかここに来ていた、というふうに
たどり着いたことばかりだった。

自分なりにはいろんな思いはあったにしても
この流れはすべてうれしいことの連続だったように思う。


胸がチリチリと痛いのは
喜びの隣で常にそうでない側の相手が見えるからだ。

もちろんそのかわりにあの人はあれを持っている、あんなにああだ、と
なんとでも言える。

どちらかが幸福で、どちらかが不幸だとも思わない。
むしろ自分を不幸だと思う人ほど、いろんなものを手にしていたりするのが常だとも思う。
幸福であるからこそ、悲しみがより際立つ、という側面もある。

友人からの葉書はうれしいものだった。

自分の幸せを喜んでもらえることはとても幸せなことだと思う。
同時にまた、相手の幸せを心から喜べることも、幸せなことなのだろうと思った。


あのこがたくさん笑いますように。
最高のハッピーがこの先待っていますように。

そう願うだけだ。
くらべたり、喜びを委縮させたりせずに、ただ、そう願いあうだけだ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aaaiko.blog74.fc2.com/tb.php/70-bfbf8632