コピペですが。 

脱原発の日実行委員会
【拡散希望!!福島原発事故について】
原発の燃料は核分裂連鎖反応が止まっても、核分裂によって発生した物質(核分裂生成物)の崩壊熱が長期間出続けます。この熱を除去するため海水による冷却を続けていますが、それによって放射性物質を含む蒸気が大量に出続けます。炉心溶融による水素爆発、水蒸気爆発、再臨界の危険もあります。いずれにせよ、原子炉を正常な状態に戻す事が不可能と思われる原子炉が4~5基以上あり、それらの原子炉からは爆発の有無にかかわらず、大量の放射性物質が放出されます。

爆発があった場合はより遠くへ放射性物質が拡散し、爆発が起こらず冷却が続く場合は、比較的近隣へ放射性物質が降下します。いずれにせよ、原子炉一基でも本州の半分以上を汚染区域にしてしまう量の放射性物質を放出する可能性があるのに、福島原発では4~5基以上の原子炉が危険な状態になっているので、深刻な汚染は避けられません。

パニック防止と被害隠蔽のため「放射線量は医療で受ける放射線量より少ない」等言われていますが、これはほとんどγ線のみについての話です。原発事故で主に問題となるのは、体内に入った放射性ヨウ素、セシウム、ストロンチウム等から出るβ線、ウラン、プルトニウム等から出るα線による内部被曝です。これらの影響は若い人ほど多いので、子供、乳幼児、妊婦は特に注意が必要です。

公式発表はパニック防止と被害隠蔽のため、かなり情報操作されていると思われます。資料へのリンク集がありますので、関連資料に目を通して、できるだけ正しい状況判断と避難行動をしていただきたいと思います。

原子力発電、放射能についての厳選リンク集
ttp://bit.ly/9ntMYZ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aaaiko.blog74.fc2.com/tb.php/689-fad974fc