21日のこと。 

21日は冨田江里子さんをお招きして、帰国報告会。
その前にISSINが5曲ほど歌わせていただきました。

京都・洛陽教会にはたくさんの方に来てくれて、会場が6月の空に包まれているようでした。

歌は最後まで気持ちよく歌えて、冨田さんにバトンタッチ。

まえからこのブログでも紹介していたけれど、冨田さんというのは
もともとは助産師さんで、今はフィリピンで許可を得て、
クリニックを開いている方。

フィリピンは保健制度とかなくて、たとえば病気がわかっても
病院に行って検査したら、検査代金だけでもうお金がなくなって、
お金がないなら治療はできない・しない、という国で。

だから貧困層の方がたは病院に行くこともできずにいます。
冨田さんは助産師さんだけど、
そこに「なんとかして」って病気の方も訪れるようになりました。

冨田さんのお話は素晴らしかった。私は何度も胸にぐっときて、泣きそうになりました。

また明日にでも詳しい講演の内容をまとめて書きますね。

本当に素晴らしかった。

同じ時期を生きる者として、自分もサポートしたいと思わずにはいられなかったです。

また明日。










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aaaiko.blog74.fc2.com/tb.php/44-6d965b9b