FC2ブログ

ヤモリと思い出の時計。 

20200914082601d6e.jpeg


子供のころ、誕生日のプレゼントに何が欲しいかと
祖父祖母に聞かれ

腕時計!と答えたつもり。

だけど届いたものは、置いておくタイプの時計で。


プレゼントの箱を開けてすぐに泣いた記憶。

でも、結局、その泣いた時計を
ずっと気に入って

一人暮らしするときも持っていき、
大阪へ移るときも、
結婚した後も、篠山に来ても、

時計の針がホロリと落ちた後も
ずっと一緒。

今もなんてことなく、部屋の中にある。

いらないものはすぐ捨てる、の私が
これは捨てられないんだよね、というモノ。


ヤモリと一緒に家を守ってくれてるんだろう。









スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aaaiko.blog74.fc2.com/tb.php/1336-e0c15c50