七五三とテロのこと。 

IMG_8316a_convert_20151117120430.jpg


雨上がりの日曜日に、七五三をしてきました。

誰もいない篠山の神社で。3歳のときも、この神社でした。
静かで木漏れ日があって。

兄にたくさん写真をとってもらいました。
これは多分ちょっとピンぼけなんだろうけど、好きな写真。
「大きく目をあけてー」と言われてやった顔ですね。
一緒に口も開けてしまうよね、分かるわかる。

着物はこれからもたくさん着よう。
すくすく育ってくれて本当にありがとう。

どんな成長を経ていくのか、いつもとても楽しみ。



そんな日曜だったけど、パリのテロでいろんなことを考える日でもあった。

テロ行為は許せないし、犠牲になった方々にもその土地にも、
哀悼の念はある。

だけど、安易な哀悼の気持ちはそれ自体が
ものすごくどちらか側からの目線でしかなく。

テロに対して、武力によってさらなる報復をしようとしてきた、
その結果が現在のどこでテロが起こるかもしれない、という世界で。

テロを肯定は到底できないけれど、
でも、同じように武力を注いでいたのに。

違和感が胸に広がった。
パリだから、哀悼をこの国は一生懸命して。

もう少し、どうしてこうなったのか、どうすればこうならないのか、
もう少し、自分の頭で考えたい。

安易な哀悼でなく、メディアに踊らされることもなく、
自分でこの違和感を考え続けたい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aaaiko.blog74.fc2.com/tb.php/1184-4d11d2d9