川内村仮設 緊急支援のお願い 

12月も半ばに入り、
来週はクリスマス、そして年末、お正月と
楽しみが続く時期です。

私も毎日何か分からないけどウキウキと
この時期は自然とそうなってしまいます。

そういう中で、
当たり前に幸せな日常な中で
この呼びかけに私もこたえたいと思います。

緊急支援の呼びかけです。
出来ればぜひ読んでいただいて、
この時期だからこそ、
何か自分にもできることがあるんじゃないかと
思ってもらえたらと願います。


以下添付です。どうぞよろしくおねがいします。



福島のNPO法人シャロームから、下記の呼びかけ受けました。
福島県の川内村の仮設(郡山)からの緊急支援のお願いです。

***********
◆状況報告(お願い)
川内村住民は2011年3月11日の震災、その後の東電原発の発災にともない、川内村は全村避難しました。
なかでも多くの村民は郡山市内県営施設ビッグパレットに避難、同年6月から8月にかけ、
郡山市内の仮設住宅に仮の住まいを置きました。

その後、2012年4月、川内村役場機能・小中学校が川内村に戻ったものの、
現在でも(別図のとおり)完全帰村者(約535名)・週4日帰村者(約920名:村外からの仕事のため)・
村外借上げ住宅者(約1600名)・村外仮設住宅者(約680名)となっております。

このうち、村外仮設住宅者(約680名)は高齢者・無雇用者・障がい者世帯など無収入、
微収入者が多い状態です。

特に2012年8月で精神的賠償(月額10万円/人)が終了、2013年3月までの生活保障として
20万円が支給され一切が打ち切られました。
(※注※帰還困難区域の解除にともなって打ち切り。20キロ圏内等は賠償が続いている)


そのような現況のなかで喫緊の生活支援が必要な状況にあります。
仮設住宅者の多くは、帰村しても仕事がなく、家族が分断され車などの生活手段に事欠き、
住居の修繕すらままならない状況にあります。

当該NPOは、設立目的のとおり受領支援物資の給付などに取り組んでおりますが、
その量・質においてきわめて不十分な状況です。現下の状況に鑑み、
ご理解をいただき支援の輪を広げて頂きたくお願いいたします。


〒963-0115 
福島県 郡山市 南1丁目 94
南仮設住宅 A-4-10 NPO法人 昭和横丁
TEL 080-1387-2302


***

お米が一番助かる、とのことですが、
食品、衣服、布団などでも喜ばれるそうです。

ちょっとでも、きっと届くと嬉しいだろうなあと思います。
小さくても、ないよりはある方が確かだと思います。

自分のちっぽけさを知れば知るほど、
何もしないことの方を選んでしまいがちですが、
小さい自分なのだから、ああやろうと思うことを
思い切りやってしまえばよいのだと思います。

ぜひ、この波が広がって行けばと願います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aaaiko.blog74.fc2.com/tb.php/1065-b4e02feb