汚れちまった悲しみに。 

明日が娘の入園式。とうとうこの日が来るのかと
準備もちゃくちゃく、後は名前を書くだけねーと

シューズ入れ袋などに名前を書き、
ちょっと用事で二階に上がり、
降りてきたらば、娘が一言、

「ねむれちゃんにも名前書いといたよ」
「え。」

見たら、通園用に用意した
猫のリュックに油性ペンでガッツリ。

まじか、、、発狂寸前。
ちょうど良く帰ってきたオットーさんに
ギャオギャオ状況説明をして
娘にもギャオギャオ怒って。

夫婦でなんとか消しにかかるが消えず、
その横で娘はもうケロッと元気に
通園帽子など被ってウキウキしており、

まあ、そうこうして、そうこうして、
こうなりました。ねむれちゃん(命名・むすめ)。

写真


落ち着いて考えれば、まあ娘のリュックだし、
娘がよかれと思ってしたことなら、
まあ私も大きな心で「おもろいね、キミ!」とか
対応してあげたらよかった。

怒ることなかったか。いや、怒ったとしても怒りすぎたか。
とか、反省モンモン。


この出鱈目な「たまき」も、
消し損ねて余計に薄汚くなった感じも、
赤い下手なリボンも、

これでいーんです!って感じで、

私が妄想してた「素敵な新しいリュックで素敵な新生活」には
ほど遠くなったけど、それも馬鹿げたコダワリだったと気づいて、


ねむれちゃん、さらに愛着湧くな。

娘にも怒ってごめんーと謝ったし。ふー。
スポンサーサイト

コメント

あらら

マニキュアの除光液とかでもしかしたら落ちるかも…。でも消しちゃったらキキが悲しむかなぁ。

yukko☆

ありがとー。
うん、なんかこのまんまでいっかって
感じで落ち着いています。

どうせすぐよごれるやろしねー
いいのさー

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aaaiko.blog74.fc2.com/tb.php/1017-8d735108