FC2ブログ

嬉しい。 


月を久々にきょう、見た。

以前は月がとにかく好きで、
まるで日常から体を離すための道具のように、よく空を見上げた。

今はなかなか夜空を見上げることがない。

練習に行く時に毎晩のように外に出るのに
あわただしく夜道を過ぎるだけで、信号待ちでも上など見ようともしていない。

ひさびさに見た月は
雲に隠れそうになりながらも、細く気高く、そこに留っていた。


変化するものとしないものとでは、しないものの方がしなやかなのかもしれない。

風に揺れながらも根をはり揺らがないものほど尊いのかもしれない。

私はどんどん日常に慣れていってしまう。
どんどん、どんどん。

日常は雲だとしたら、私にとっての月はどこか。何か。
どうであれ変わりようのないものほど本質と呼べるのだろう。
見えようと見えまいと。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aaaiko.blog74.fc2.com/tb.php/10-7fb9aea2